コラム

内見時の持ちものと用途

カメラでどこを撮る?


スマホのカメラ機能で十分です。写真を多く撮るに越したことはないですが、やみくもに撮ったところで肝心なところが映っていなかったりします。なんのために撮影するのか、目的を把握しておくことも大切です。

リビング

  • 備え付けのストーブの位置とストーブの向きが分かるように全体を撮影する(テレビ台や棚の位置を決める参考になる)
  • コンセントの位置が分かるように全体を撮影する(テレビ台や棚の位置を決める参考になる)
  • エアコンの位置と向きが分かるように撮影する(エアコンの風に当たりたくないなどソファの配置を決める参考になる)

寝室

  • コンセントの位置が分かるように全体を撮影する(ベッドの向きを決める参考になる)
  • 窓とクローゼットの位置が分かるように全体を撮影する(ベッドの向きを決める参考になる)
  • ウォークインクローゼットの中(衣装ケース、スーツケースの配置などを決める参考になる)

キッチン

  • 棚を全部開けて撮影する(今使っている収納アイテムが使えるかどうかを見るため)
  • キッチン全体が分かるように撮影する(食器棚、ごみ箱などの配置を決めるため)

洗面所~風呂場

  • 「洗濯機置場」「給水の蛇口」「排水ホース差し込み口」が分かる全体写真(給水ホースの長さが必要だっだり、排水ホース設置のため底上げが必要な物件もある)
  • 洗面台の収納を全部開けて撮影する(収納できる量を確認するため)

玄関

  • シューズボックス(持っている靴が入るかどうかを確認するため)

 

メジャーでどこを測る?


候補が複数出てきたとき、決め手となるのは今の家具家電が入るかどうかだと思います。些細なことですが、わたしは今の食器棚や衣装ケースをそのまま使えたら最高だと思っています。とくに衣装ケースは奮発して買ったお気に入りなので処分したくありません。

メジャーで測るところ

  • 冷蔵庫スペースの幅と奥行
  • 洗濯機置場の幅と奥行、給水ホースと排水ホースの長さ(長くないと届かない物件もある)
  • 食器棚のスペース
  • 食洗機を設置する場合はキッチンの大きさ
  • テレビのアンテナとコンセントの位置(アンテナケーブルなどの長さが足りるかどうかを確認するため)
  • 窓の大きさ(引っ越し当日にカーテンをつけれるようにするため)
  • 押入れやクローゼットの奥行(衣装ケース、スーツケースが入るかどうかを確認するため)
  • 寝室の大きさ(ベッドが入るかどうかを調べるため、ベッドの向きや配置を決めるため)
  • シューズボックス(ブーツが入るかどうかを確認するため)
  • 玄関ドアの幅、玄関ドアがどこまで開くか(引っ越しのときに家具家電が運び入れられるかどうかを確認するため)
  • エレベーターのサイズ、共用部の階段と廊下の幅

 

なにをメモする?


  • メジャーで測ったところの寸法
  • 引っ越し当日までに購入するもの(シーリングライトの数、カーテンの数)
  • コンセントの数と位置
  • 不動産会社の担当者と話した内容
  • 不動産会社に調査をお願いした質問

 

方位磁石


採光面が北向きの部屋は、日当たりが悪く結露が発生しやすいです。自分の目で方角を確認した方が確実です。スマホのアプリを活用すれば簡単です。

 

あとは、スリッパ、懐中電灯、湿度計


スリッパ

何件か内見すると靴下が真っ黒になるぐらい汚れてしまいます。不動産会社が用意するスリッパが苦手な方はmyスリッパを持参しましょう。

 

懐中電灯

風呂場の電気が切れていることがあります。スマホのアプリにもあります。

 

湿度計

湿気が多い物件はカビが生えやすいので、湿度は気になるところです。

 

新築(中央区の2LDK)

Twitter でフォロー

PAGE TOP